コメントする

憧れの南の島での残念な出来事

南国の海リゾバで南の島に行った時のことでした。 もともとその島の出身ではないので、右も左も分からない状態で働き出しました。 日給1万円のおいしいお仕事で、島の人は「あそこで働いている子は、みんな日給1万円もらっている」と知っているようでした。

その島は、雇用も少なくちゃんとした会社などで働いている人も少ない感じでした。何かあると困った顔をして、「お金を貸してくれ」と親戚や友達にたくさんの人が頼っていたように見えました。仕事も2ヶ月くらいが経った時、少し仲良くしていた島の男の子が「東京で身内が警察に捕まった。保釈金で20万必要だから貸してくれないか?」とう相談を私にして来ました。今にも泣き出しそうな顔で頼まれたので、絶対お金を返してくれることを約束して、20万円を貸しました。

それ以来彼とは親密な関係になってしまいました。お金を返してとお願いしても返すどころか、さらに10万、20万と要求してくるようになりました。サトウキビの収穫が終わったら100万入るとか、待っててくれだの言われそれを信じ、貸すお金が増えて行くだけでした。結局彼は、私と結婚したら借りたお金も、家とさとうきび畑が2人の物になるからチャラだと訳のわからないことを言い出し、無理やり私と結婚しようとしましたが、私は逃げました。

借用書もないため、50万くらい泣き寝入りする事になってしまって、取り立てに行くにも飛行機に乗ってわざわざ会いに行かなくてはならないので、諦めるしかありませんでした。お金を返して!と喧嘩になった時に暴力を受けているので、警察にも行きましたが、裁判をするにも島に行かないとできないみたいなので、ヤラレターと思いました。
こんな手を使いながら、彼はもう何人も騙して、お金を受け取っているようでした。

コメントする

生後二か月の時、高熱で予想外の入院!

赤ちゃんと大人の手息子が生後2か月の時に、夫の風邪がうつり、1週間入院しました。RSウイルスという、咳と鼻水の風邪で、高熱が3日継続。体重も6キロくらいでまだまだ睡眠リズムも整っていなくて、完全母乳で頻回の授乳が必要です。病院側から大部屋も紹介されましたが、深夜も息子が泣き授乳をしなければいけないので、同部屋の方に迷惑をかけられないと思い、個室を希望しました。そして、私も付きっ切りで看病です。そうなると、毎食コンビニに買い物にも行けません。朝ごはん以外で、一食300円ほどの病院食を頼みました。

乳幼児医療制度により、入院費や検査費などはかかりませんでしたが、個室代と病院食代で約6万円必要になりました。1週間で無事に退院できたものの、鼻水はまだ少し続いていて、母乳を飲んだり、眠ることがつらそうな息子。治りかけで再び耳鼻科や病院通いは困難です。風邪の症状が少しでもラクになればと思い、急きょ家庭用電動鼻水吸引器も、ネットで購入しました。約26,000円。

そのあと、すぐに私が看病疲れで体調も崩し、入院した日から夫も私も自炊ができない生活が2週間ほど続きました。入院費や食費など、トータル10万円の出費でした。予想外の出費で、精神的にも経済的にも辛い出来事でした。

コメントする

そこまで期待してなかったけど… コスパ最高!

ダンボール箱子どもがお絵かきなどできるような作業机と椅子を、ダンボールで自作しようと思い、道具集めにホームセンターへ行きました。道具に凝る性質なので、ガムテープや接着剤の他、なにか作業の助けになるようなものはないか物色していたところ、「カッター」コーナーにダンボール専用ナイフなるものが売られているのを発見しました。しかもいくつかのメーカーから数種類も。ダンボール専用というからには、さぞかしダンボールがスパスパ切れるのであろうと思いその場で購入。300円というお求めやすい価格で、特に懐具合との葛藤もありませんでした。

ダンボールは丈夫で便利な紙素材ですが、いざ切り貼りして工作しようとすると、なかなかの重労働です。カッターを何度もなぞらせながら、丁寧かつ力を込めて少しづつ切っていくことになります。家に帰って、さっそく材料であるダンボール箱を解体します。ダンボールカッターは、細かいギザギザの刃になっており、カッターというよりノコギリに近い使い方をするようです。ダンボールを、ノコギリで木を切るように切っていきます。『ボリボリ』と、気持ちのよい手ごたえと共に、面白いようにダンボールが切れます。使い方に慣れれば、曲線に切ったり、面を穴状にくり貫くこともできます。こりゃ楽だ!

おかげで、ほとんど苦労することなく、子ども用の机と椅子が完成しました。(苦労したのは設計ミスによる寸法間違いだけでした。)切り口が多少粗くなるのは仕方のないことですが、ダンボールカッターはダンボールの他、ビニール袋やビニール紐、箱などを結束するプラ製のバンドなども簡単に切ることができます。もっと早く買っておけばよかったと、安価ながら久々にテンションのあがった一品でした。

コメントする

わたしが考えるお金持ちな人について

収入と支出の関係図わたしの考えるお金持ちの人は、結論からいうと心の余裕のある人です。自分の趣味、習い事等の自己投資にはお金をかけ、消耗品や日々の暮らしに必要なものは最低限の中でやりくりするという、メリハリをつけた生活をしているように思います。自分の好きなこと、遊びに本気になっている人は心の豊かさにもつながり、知識が豊富で困ったときに頼りになるそんな方が多いように思います。

お金を手に入れる一般的な方法は働くことですよね。単発で大当たりを当てる方もいらっしゃるとは思いますが、会社員の場合コツコツと毎日業務をこなし、ノルマを達成していきます。どのような仕事でも自分ひとりで仕事を行うわけではなく、人間関係が大切になってくると思います。心の豊かな人、知識が豊富な人の周りにはいつも人が集まり笑顔があふれ、上司であればこの人に一生ついて行きたい!という気持ちになります。

職場のムードメーカーにもそのような方が多いように思います。億万長者で、いつも高価なものを見にまとい、物にも人にもブランドや肩書きを求めるような分かりやすくお金持ちな方よりも、自分に対して真摯に向き合い、自分にとっての大切なものは何なのか考えられる人こそ、本当のお金持ちと言えるのではないか、とわたしは思います。

コメントする

丁度おしゃれなお皿が欲しかったんです

たくさんの可愛いお皿引っ越しをしたことでおしゃれなお皿が欲しくなり、時間があるときはこまめにフリマアプリを覗いていました。しかし、いいと思ったお皿は安くても5千円くらいでした。5千円もするならば普通に店舗で買おうか、それとも高いけどこのお皿を買ってみようか、ととても悩みました。それでも、フリマアプリを覗き続け、1ヶ月ほど経った時にティファニーのお皿を見つけました。4枚入りのお皿で、柄がとても可愛く、すぐに気に入りました。値段も千円で驚くほど安かったです。今買わなきゃ絶対に後悔すると思ったので、購入しました。

お皿は新品と書かれていましたが、あまりにも安かったため、さほど期待はしていませんでした。 しかし、届いたお皿はとても丁寧に包装されており、予想以上に素敵なものでした。すぐに対応してくださった売り手の方にも本当に感謝しました。

私がこのような素敵なものが購入できたのは、諦めずにこまめにフリマアプリを覗き続けたことだと自負しています。諦めずに続けるとこれほどにもいいことがあるんだな、諦めないことは大事だなと心底感じました。今もまた運命的なものに出逢えるかもしれないと思い、フリマアプリを覗いています。早く出逢いたいなと今からワクワクしています。

コメントする

お金がなくても楽しめるお気軽デート

公園のベンチデートというと、どこかに出掛けるイメージがあるのでやっぱり、お金がかかってしまうと思いがちですがお金をかけなくても、楽しめるデートはあると思います。例えば、よくあるのがお家デート。映画を見に行くとなるとチケット代や飲み物代などかかってしまいますが、好きなDVDを借りれば映画を見に行くよりも価格的には半分以下に済みます。また、お互いの好みが全く違っていても自分の好きなDVDをオススメし合ったりすることで面白さや好みの範囲が広がったりもすして2人の距離が縮まります。

また年代で考えた時に、本当は行きたいけど場所だけど行きにくいなど遠慮してしまう時があると思います。お家デートでは2人だけの空間ということもあり人の目を気にすることもなく、気軽にデートを楽しめるのでどの年代でもできるデートではないでしょうか。

他にも、犬などを飼っていたらお散歩したり、ピクニックに行ってみたりするのもいいですね。自分でお弁当を用意すれば女子力アピールできてお金も使わず一石二鳥です。家にあるもので遊んだり、お金を使わなくても楽しめるデートは考えてみると結構あると思います。きっと同じ時間を共有することを楽しめる二人なら、デート代はそんなにかからないと思います。

コメントする

食材を無駄にしないフリージング技術

2本のたけのこ毎年5月ごろになると竹林に沢山の筍が生え出します。放っておくと伸びて竹になってしまうので、竹害を防ぐためできるだけ筍は掘ってしまいます。土地柄、そういうところが多く季節になると沢山の筍がやってきます。たけのごはん、味噌汁、天ぷら、煮物、中華料理にひとしきり使うと、家族も大概飽きてきます。

しかし、捨てるにはもったいない…。冷凍して今度にしようと思って、普通にジップロックにいれて、冷凍庫へ。しばらくして使用すると何だか食感がスカスカであの筍のシャキシャキ感が全然ありません。筍の冷凍保存は無理なのかと諦めていました。

ですが、今年は職場の年配の方から教えていただいた方法を試してみました。その方法というのは、したゆでした筍に砂糖をまぶします。1つ当たり小さじ2杯でいいと思います。そしてそのままジップロックに入れて冷凍庫へ。調理の際は凍ったまま調理します。砂糖をまぶしているので味付けは若干薄めに。筍料理は煮物にしても中華料理にしても甘味があっても邪魔にならないので大丈夫です。

不思議なことにスカスカ感はなく美味しくいただけます。保存期間はその方は正月の煮物に使われると言っていたので半年位いけそうです。私は1ヶ月で使いきってしまいましたが…。ぜひお試しください。

コメントする

ポイントがいっぱいたまってお買い物がお得

3枚のクレジットカード私は家電製品のエディオンのカードでJCBのクレジットカードを利用しております。もともとは家電製品を買ったときに長期保証をつけたり、ポイントを貯めたりするためだけに利用していました。あるときに、クレジットカードして使ってもポイントが貯まることを知って、積極的にクレジットカードを使うようになりました。

普段の家族で出掛けるときに飲食店やショッピングで使ったりします。たまにアウトレットパークでブランド品等の大きい金額で買い物するときは必ず使います。また、最近では光熱費や水道代、ネット料金、住宅ローンの引き落としもクレジットカードを通して利用に切り替えました。そのため、月々の支払いが15万円以上になります。

これだけ大きな金額を月々に利用しているため、月に2000ポイント近く貯まります。そのため、年間で約25000ポイント近く貯まっており、ずっと使わずに貯めていっております。約10年間貯めるつもりでおり、現在住んでいるマンションから一軒家に買い換える時に、ポイントを使って冷蔵庫と洗濯機をポイントのみで買い換えることができるようにしようと思っております。そのために今はとにかく多くのポイントを貯めるべくできるだけクレジットカードで支払うようにしております。

コメントする

知らないおばあさんにお金をだまし取られ

バス車内の様子高校生の頃、遊びに行こうとバスを待っていたのですが、少しすると知らないおばあさんがやって来て、「今日は暑いね」や「今からお仕事?」等の世間話を始めました。バス停には私しかいなかったので、そのまま話を合わせていました。聞いているうちに、バスに乗ろうと遠くからやって来たが財布を忘れてしまった、1000円貸してくれないかと相談されました。

しかしここからバスに乗って終点まで行っても最大370円しかかかりません。1000円も払う意味が分からなかったのですが、引っ込み思案な私ははっきり断ることもできず、「私もあまり持っていない」と言ってはぐらかす事しかできませんでした。おばあさんは、じゃあ900円800円…としつこく食い下がり、そう言われるのも辛かった私は500円を貸すことにしました。バスに乗るとおばあさんは私からできるだけ離れて座りました。

どうも怪しいともやもやしながら見ていたのですが、おばあさんの降りる駅に近づくとなんと自分のお財布から1000円札を出して両替し始めたのです。やられた!と思いましたが、その場で追及できませんでした。たまたま降りる駅が一緒だったのですが、こちらも見ずに速足で逃げていきました。高校生の子どもから小銭をだまし取るなんて信じられません。私もその場で追及できなかったのが悪いですが、「どこまで行くのか」とか「運転手に事情を話して後日払えば?」等上手くお金を取られないように言えたら良かったです。

コメントする

金運が良い人からお財布をもらうと金運UP?

可愛い長財布先日、叔父にお財布をプレゼントしていただきました。買い物に行った叔父がそのお財布を見た時、すぐに私の事が浮かんだそうです。法事や、冠婚葬祭や年末年始くらいにしか滅多に会わない叔父が、私にお財布をプレゼントしてくれた事や、私を思い浮かべてくれた事に驚きました。

その日、お財布をお月様にかざしてお金が入って来ますようにと、お願いをして翌日から使い始めました。お財布をもらう時、お月様にお願いするよう言われたので言われたとおりやりました。叔父はとてもお金持ちなので信憑性がなんとなくあり、ひょっとしたら私もお月様にお願いしてこのお財布を使い始めたら叔父さんのようにお金持ちになれるかなあと淡い期待をしていました。

すると、偶然のタイミングだったのか今まで出し続けていてもずっと売れ残っていたオークションのものが売れ始め、臨時収入が入ってくるようになりました。知らない間に落札されていたり、本来なら無かったようなお金が入ってくるのです。今流行りのメルカリにもチャレンジしてみたら、これも有難いことに細々したものが片付きました。お財布を金運のよい人からいただいてからのこの現象は金運がUPしたに違いないと思っています。