コメントする

食材を無駄にしないフリージング技術

2本のたけのこ毎年5月ごろになると竹林に沢山の筍が生え出します。放っておくと伸びて竹になってしまうので、竹害を防ぐためできるだけ筍は掘ってしまいます。土地柄、そういうところが多く季節になると沢山の筍がやってきます。たけのごはん、味噌汁、天ぷら、煮物、中華料理にひとしきり使うと、家族も大概飽きてきます。

しかし、捨てるにはもったいない…。冷凍して今度にしようと思って、普通にジップロックにいれて、冷凍庫へ。しばらくして使用すると何だか食感がスカスカであの筍のシャキシャキ感が全然ありません。筍の冷凍保存は無理なのかと諦めていました。

ですが、今年は職場の年配の方から教えていただいた方法を試してみました。その方法というのは、したゆでした筍に砂糖をまぶします。1つ当たり小さじ2杯でいいと思います。そしてそのままジップロックに入れて冷凍庫へ。調理の際は凍ったまま調理します。砂糖をまぶしているので味付けは若干薄めに。筍料理は煮物にしても中華料理にしても甘味があっても邪魔にならないので大丈夫です。

不思議なことにスカスカ感はなく美味しくいただけます。保存期間はその方は正月の煮物に使われると言っていたので半年位いけそうです。私は1ヶ月で使いきってしまいましたが…。ぜひお試しください。

コメントする

ポイントがいっぱいたまってお買い物がお得

3枚のクレジットカード私は家電製品のエディオンのカードでJCBのクレジットカードを利用しております。もともとは家電製品を買ったときに長期保証をつけたり、ポイントを貯めたりするためだけに利用していました。あるときに、クレジットカードして使ってもポイントが貯まることを知って、積極的にクレジットカードを使うようになりました。

普段の家族で出掛けるときに飲食店やショッピングで使ったりします。たまにアウトレットパークでブランド品等の大きい金額で買い物するときは必ず使います。また、最近では光熱費や水道代、ネット料金、住宅ローンの引き落としもクレジットカードを通して利用に切り替えました。そのため、月々の支払いが15万円以上になります。

これだけ大きな金額を月々に利用しているため、月に2000ポイント近く貯まります。そのため、年間で約25000ポイント近く貯まっており、ずっと使わずに貯めていっております。約10年間貯めるつもりでおり、現在住んでいるマンションから一軒家に買い換える時に、ポイントを使って冷蔵庫と洗濯機をポイントのみで買い換えることができるようにしようと思っております。そのために今はとにかく多くのポイントを貯めるべくできるだけクレジットカードで支払うようにしております。

コメントする

知らないおばあさんにお金をだまし取られ

バス車内の様子高校生の頃、遊びに行こうとバスを待っていたのですが、少しすると知らないおばあさんがやって来て、「今日は暑いね」や「今からお仕事?」等の世間話を始めました。バス停には私しかいなかったので、そのまま話を合わせていました。聞いているうちに、バスに乗ろうと遠くからやって来たが財布を忘れてしまった、1000円貸してくれないかと相談されました。

しかしここからバスに乗って終点まで行っても最大370円しかかかりません。1000円も払う意味が分からなかったのですが、引っ込み思案な私ははっきり断ることもできず、「私もあまり持っていない」と言ってはぐらかす事しかできませんでした。おばあさんは、じゃあ900円800円…としつこく食い下がり、そう言われるのも辛かった私は500円を貸すことにしました。バスに乗るとおばあさんは私からできるだけ離れて座りました。

どうも怪しいともやもやしながら見ていたのですが、おばあさんの降りる駅に近づくとなんと自分のお財布から1000円札を出して両替し始めたのです。やられた!と思いましたが、その場で追及できませんでした。たまたま降りる駅が一緒だったのですが、こちらも見ずに速足で逃げていきました。高校生の子どもから小銭をだまし取るなんて信じられません。私もその場で追及できなかったのが悪いですが、「どこまで行くのか」とか「運転手に事情を話して後日払えば?」等上手くお金を取られないように言えたら良かったです。

コメントする

金運が良い人からお財布をもらうと金運UP?

可愛い長財布先日、叔父にお財布をプレゼントしていただきました。買い物に行った叔父がそのお財布を見た時、すぐに私の事が浮かんだそうです。法事や、冠婚葬祭や年末年始くらいにしか滅多に会わない叔父が、私にお財布をプレゼントしてくれた事や、私を思い浮かべてくれた事に驚きました。

その日、お財布をお月様にかざしてお金が入って来ますようにと、お願いをして翌日から使い始めました。お財布をもらう時、お月様にお願いするよう言われたので言われたとおりやりました。叔父はとてもお金持ちなので信憑性がなんとなくあり、ひょっとしたら私もお月様にお願いしてこのお財布を使い始めたら叔父さんのようにお金持ちになれるかなあと淡い期待をしていました。

すると、偶然のタイミングだったのか今まで出し続けていてもずっと売れ残っていたオークションのものが売れ始め、臨時収入が入ってくるようになりました。知らない間に落札されていたり、本来なら無かったようなお金が入ってくるのです。今流行りのメルカリにもチャレンジしてみたら、これも有難いことに細々したものが片付きました。お財布を金運のよい人からいただいてからのこの現象は金運がUPしたに違いないと思っています。

コメントする

旦那に内緒でへそくりをしています。

封筒のお札を数える手旦那の稼ぎもそこそこ良いし、専業主婦になるまでは自分のお金もあったので、へそくりは必要ありませんでした。でも専業主婦になってからお金が入らなくなって自由に使えるお金が無くなり、耐えられずへそくりを始めました。子供のために口座を作りに行ったときに、私用にも作り毎月ばれない程度入金しています。

そもそもその口座の存在を旦那さんは知らないため、ばれることは無いと思いますがばれても前からあるよと言い訳も出来るので、誰でも出来る簡単なへそくりの仕方だと思います。毎回お金を使ってたらばれそうなので一度貯めておいてから使うとばれないです。

へそくりは悪いと思っていませんが、嘘つくのが上手くないとばれずに続けるのは難しいですし、へそくりを始めるならばれずにやるのがルールだと思っています。へそくりをしてから自由なお金が出来て良かったですし、使わなくて貯まってきたら子供のための口座にいれています。将来お金が必要になる時期が必ず来るので、お金があれば損はしないと思いますし、自分の物以外にも子供に物も買ってあげています。

旦那に聞かれたら、◯◯ちゃんと今日ご飯行って買ってくれたの、のように毎回ごまかしています。本人に聞いたりする人じゃないのでばれないですよ。

コメントする

在宅ワーク詐欺で50万円のローン生活に。

詐欺師のイメージもう10年位前の話になります。子どもが生まれて勤めていた会社を退社したので、お小遣い程度の収入がほしくて在宅でできる仕事を探していたんですね。それで新聞に入っていた求人広告で、パソコンでHPを作るという仕事に応募したんです。さっそく相手の企業から連絡が入って「必ず稼げます!」って言われまして。でも研修が必要だから教材と研修費と合わせて50万が必要と言われたんです。「でも、それ以上の金額を稼げるので安心してください」と…。

これ、今だったら絶対に怪しいと思うんですが、その頃はまだ若くて世間を知らなかったもので、言われるがまま2社で20万と30万のローンを組んでしまったんです。最初のころは、ちゃんと研修もありました。パソコンでHPを作って、提出したらフィードバックもあったのでまじめにやっていました。

でもいつまでたっても合格しないんです。当然ですよね、向こうは仕事なんてさせる気ないですから。やり取りは基本メールだったんですが、なんどかやり取りをしているうちに、向こうから連絡が来なくなってしまったんです。こちらは、ローンまで組んでいますから焦ります。それで、応募するときにかけた電話番号に直接電話してみると「おかけになった電話番号は使われておりません」とアナウンスが…。

ここで夫に相談して、ようやく「詐欺じゃないか」と気が付きました。それまで黙っていたので、夫には当然めちゃくちゃ叱られました。結局50万のローンだけ残って、損をすることになってしまいました。ローンはもう完済していますが、あれは黒歴史です。

コメントする

100万円貯めて、ハワイ旅行に行くぞ!!

パスポートと航空券のイラスト昨年初めて海外旅行に行きました。ハワイというメジャーな場所ではあったが、スケールの大きさと異文化に直に接する事がこんなに刺激的なのかと感銘を受けました。同行した妻からも「こんなに楽しそうな貴方を初めて見たわ。」と言われた位です。片言の英語しかしゃべれなかったけれど、何とか相手に通じたし買い物もできました。それが私にとって凄く嬉しいことでした。今回の旅行は4泊6日の日程でしたが、あっという間に過ぎてしまいました。本当に国内旅行にはない楽しさを味わうことが出来たので、次はもっと英語を勉強して、またハワイに行きたいと強く思いました。

今回の旅行費用は70万円程かかりました。ツアーで行った為、日程の中であまりオプショナルツアーを入れる事が出来なかったのでやり残した事も多いです。次回のハワイ旅行の資金として100万円を目標に設定しました。それくらい準備すればオプショナルツアーも盛り込む事ができるし、前回の旅行より少しグレードアップできるかなと思っています。次回の旅行は1年後に行こうという事に妻と決めました。できれば6泊8日で行きたい。

そのためには夫婦二人で毎月9万円の貯金をしようと決めました。時間の合間に、二人で臨時のアルバイトをして、資金を貯めようという事に。その後新しい派遣会社のサイトに登録し、自分たちの時間の隙間に短期のバイトを入れるようになりました。

コメントする

甲子園出場は嬉しかったけれど

バッターボックスに立つ打者全く予想していなかった、子どもの高校の野球部の甲子園出場。確か、前回出場したのは20年以上前です。強豪チームだという印象もなく、子どもは運動部ではなかったので、本当に驚きました。いつもはメールで済ますお知らせが、久々に紙となって来たのが「甲子園出場の寄付のお願い」でした。一口5千円からで、上限はありません。おめでたいことだし、地域の子ども達ですから嬉しかったりもします。

しかし、驚いたのは2枚目の「甲子園応援ツアーのお知らせ」でした。在校生はほぼ強制参加、卒業生も可能な限り参加して欲しいとのこと。幸い、私は卒業生ではないので行きませんが、子どもは行かないと欠席扱いになります。夏休みなのに。応援ツアーは、バスをチャーターして試合当日の朝到着、試合の夜中に甲子園を出発で、1回につき1万5千円。冗談かと思いました。

理由を作って不参加にしてもらおうと思っても、子どもは行く気満々。それはそうですよね。甲子園なんて、なかなか行けませんから。早く負けてくれとも言えず、なけなしの預金で払いました、3回分。優勝は無理だろうと思っていましたが、初戦敗退ではなくて良かったです。これ以上、勝ち進んだら、子どもに仮病になってもらうつもりでしたが、ギリギリセーフでした。

コメントする

小人数のキャンプで大活躍。カーサイドタープ

キャンプのイメージキャンプ歴は15年くらいになります。その間に色々なキャンプ道具を揃えてきました。テントやヘキサ・ドームタープ・テーブル・イスなどなど基本的なものはもちろん。始めてから5~6年はとにかく毎年新しい道具や便利グッズを買い集めていました。その中には憧れてどうしても欲しくて買ったものの、いざキャンプ場で使ってみると予想外に使い勝手が悪かったりして、結果的に失敗だったモノも少なくありません。

失敗のないようによくリサーチして必要かそうでないかの家族会議をし、ようやく購入したような場合でも やはり実際に使ってみないとわからないところがあります。そんな事もあって あまり道具を増やさないようになったのですが、数年前、不意に入ったショッピングモール内のLOGOSのショップで偶然見つけたカーサイドタープ。それまで 全くそんなものが欲しいなどと話した事もなかったのに、夫婦揃って「これ、いいかも!」と迷わず即買いしました。今考えると 本当に不思議なのですが、「どうする?」とか「本当に必要なものなのか」などという会話は一切ありませんでした。

実際に使ってみると、予想外に使い勝手が良く収納もコンパクトで、我が家のキャンプスタイルにはピッタリでした。まさに『出会い』というか、ちょっと大げさですが道具との『縁』というか・・・。その後も大活躍のため若干劣化しつつあるのですが、現在 LOGOSを含め他のメーカーも同じようなタイプのカーサイドタープは販売されておらず、またいつかこういった道具に出会えるまで大事に使っているところです。

コメントする

掃除で金運アップ?これって本当かも!

掃除機のイラスト掃除をすると金運が上がる!なんて噂を聞いたことありませんか?私も噂であって、物の例えだと思っていたのです。私は掃除が苦手でした。面倒くさがりな性格もあって、誰かが来るとなればするものの1人暮らしで家には1人なので、前回は掃除いつしたっけ?が当たり前でした。

そんな私が体調を崩し始め、仕事も休みがち、もちろんお金にも困り、色々なことが上手くいかなくなり始めた時に「掃除をすると金運が上がる」を思い出したのです。まずは簡単なところとして、リビングのフローリングに落ちている髪の毛を掃除機で綺麗にし、だんだんと綺麗になってくるのが楽しくなった頃に、トイレやお風呂、キッチンなどの水回りの掃除を始めました。

そうすると徐々に体調を崩す日が少なくなり、仕事にもちゃんと行けるようになってきました。普段の生活に張りが出て、掃除はどこか一か所を毎日するようになり、お金の管理もしっかりする事が出来るようになりました。もちろんこの頃には生活していくお金には困らなくなってきていたのです。

そんな生活を続けている中、友人と会いました。友人がはまっているというスポーツくじの話を聞き、なんとなく3口ほど買ってみたのです。友人はなかなか当たらないから、気長にやってるんだけど…と言っていたのですが、私はなんとなく買ったくじで1万円ほどが当たったのです。偶然と言えば偶然ですが、掃除を始めていいこと続きだった私はこれはきっと掃除のおかげだと思いました。