コメントする

生後二か月の時、高熱で予想外の入院!

赤ちゃんと大人の手息子が生後2か月の時に、夫の風邪がうつり、1週間入院しました。RSウイルスという、咳と鼻水の風邪で、高熱が3日継続。体重も6キロくらいでまだまだ睡眠リズムも整っていなくて、完全母乳で頻回の授乳が必要です。病院側から大部屋も紹介されましたが、深夜も息子が泣き授乳をしなければいけないので、同部屋の方に迷惑をかけられないと思い、個室を希望しました。そして、私も付きっ切りで看病です。そうなると、毎食コンビニに買い物にも行けません。朝ごはん以外で、一食300円ほどの病院食を頼みました。

乳幼児医療制度により、入院費や検査費などはかかりませんでしたが、個室代と病院食代で約6万円必要になりました。1週間で無事に退院できたものの、鼻水はまだ少し続いていて、母乳を飲んだり、眠ることがつらそうな息子。治りかけで再び耳鼻科や病院通いは困難です。風邪の症状が少しでもラクになればと思い、急きょ家庭用電動鼻水吸引器も、ネットで購入しました。約26,000円。

そのあと、すぐに私が看病疲れで体調も崩し、入院した日から夫も私も自炊ができない生活が2週間ほど続きました。入院費や食費など、トータル10万円の出費でした。予想外の出費で、精神的にも経済的にも辛い出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)