コメントする

生活スタイルや利用シーンに見合ったカードを選択

クレジットカードクレジットカードといっても、スーパーやガソリンスタンドの手軽なカードからプラチナカードのようないわゆるプレミアムカードまで幅広く存在します。 かといって、カードが増えすぎるのも管理する上で面倒なものです。できれば4、5枚くらいに抑えたいものです。 クレジットカードを選ぶにあたり、まず自分の生活スタイルや利用シーンを検証してみます。 例えば、出張等で国内外に飛行機を利用する機会が多い方であれば、航空会社のカードはマイルが貯まったり、ラウンジサービスを利用できたりという利用価値がありますし、車に乗る機会が多い方は利用頻度の高いガソリンスタンドのカードを持っていると値引きになるといった具合です。逆に、あまり飛行機に乗る機会がない人が航空会社のカードを持っていても、受ける恩恵は少ないと言えます。

自分の利用シーンを検証した上で、年会費、付帯サービス、ポイント制度についてよく検討することがとても重要です。 年会費についてですが、気をつけるべき点は、年会費を払う場合には、それに見合った付帯サービスを利用できるかどうかという点や、無料の場合でも、初年度のみなのか、永久になのかという点です。プレミアムカードには電話一本で花を届けることができるなどのコンシェルジェサービスや保険という付帯サービスが付く一方で、年会費はやはり高額です。カードの色が違うなどという理由だけで保有するのはあまりにも浅はかな考えだと思いますが、使いこなせる立場であれば得だと考える方もいると思います。

また、カードの中には初年度のみ年会費無料というものもあり、安易に作ったものの、使う機会がなくなり、年会費だけが引き落とされている例もあるので、その点も気をつけるべき点です。 ポイントあるいはマイルの制度については、貯めたポイントの有効期限やそれを利用する場合の使い勝手の良さといった、貯まりやすさと使いやすさの両面から検討することが重要です。カードによって利用方法によって得られるポイントが異なることもありますし、利用期限が過ぎて無効になることもあります。また、ポイントを利用する上で、使った金額に充当できたり、あるいは他のポイントへの移行ができるなど、幅広さがあると便利だと思います。

以上のような点を踏まえ、無駄なカードは持たず、自分の生活スタイルや利用シーンに見合ったカードを選択することが賢明だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)