コメントする

医療費の領収書は捨てずに保管。

数種の薬税金については敬遠しがちになることも多いと思います。でも、知っていると税金の負担の軽減できることもあるので、アンテナを張って情報収集することは大切です。たとえば、怪我や病気などの治療で通う医療機関にかかる費用。ほとんどの医療機関では領収書が発行されますが、それを不要だから捨ててしまうのは、非常にもったいないこと。医療費の領収書は必ず取って置くようにしましょう。

なぜかといいますと、それは1年間の医療費が10万円を超えると、税金の負担を軽減する制度があるからです。医療費控除といって、申告することで節税が軽減されます。診療内容によっては医療費控除の対象外となることもあるので注意は必要です。ただ、この医療費控除は黙っていても税金の負担軽減はされるこのではありません。控除を受けるには確定申告をしなければいけません。確定申告をすることによって前年の所得税が還付されることもあり、前年分の所得を差し引いた状態で住民税などが課せられることになります。

サラリーマンの方など確定申告に無縁の方もあるかもしれませんが、もし、このような記憶があれば確定申告をすることをおすすめします。恐らく自身にとってプラスの方向になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)