コメントする

そこまで期待してなかったけど… コスパ最高!

ダンボール箱子どもがお絵かきなどできるような作業机と椅子を、ダンボールで自作しようと思い、道具集めにホームセンターへ行きました。道具に凝る性質なので、ガムテープや接着剤の他、なにか作業の助けになるようなものはないか物色していたところ、「カッター」コーナーにダンボール専用ナイフなるものが売られているのを発見しました。しかもいくつかのメーカーから数種類も。ダンボール専用というからには、さぞかしダンボールがスパスパ切れるのであろうと思いその場で購入。300円というお求めやすい価格で、特に懐具合との葛藤もありませんでした。

ダンボールは丈夫で便利な紙素材ですが、いざ切り貼りして工作しようとすると、なかなかの重労働です。カッターを何度もなぞらせながら、丁寧かつ力を込めて少しづつ切っていくことになります。家に帰って、さっそく材料であるダンボール箱を解体します。ダンボールカッターは、細かいギザギザの刃になっており、カッターというよりノコギリに近い使い方をするようです。ダンボールを、ノコギリで木を切るように切っていきます。『ボリボリ』と、気持ちのよい手ごたえと共に、面白いようにダンボールが切れます。使い方に慣れれば、曲線に切ったり、面を穴状にくり貫くこともできます。こりゃ楽だ!

おかげで、ほとんど苦労することなく、子ども用の机と椅子が完成しました。(苦労したのは設計ミスによる寸法間違いだけでした。)切り口が多少粗くなるのは仕方のないことですが、ダンボールカッターはダンボールの他、ビニール袋やビニール紐、箱などを結束するプラ製のバンドなども簡単に切ることができます。もっと早く買っておけばよかったと、安価ながら久々にテンションのあがった一品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)